失敗ってするのは嫌ですよね。だからこそ失敗をしないために、事前に準備をしたりして失敗のリスク・確率を減らそうと努力する。

まあ何を持って失敗なのか、失敗の議論とか色々とあるけど、結論として人それぞれの認識で失敗は違うもの。

でも、確実に失敗といえるような本当の失敗があって、それは本当に避けた方がいいものです。

取り返せない本当の失敗

ただこの定義の大前提として、

成長したい人とか、いまよりも生活や人生の質を良くしていきたいと思っている人

堕落していきたいとか、人生なんていらないって人には当てはまらない。

 

取り返せない本当の失敗とは、何もしなかった事

やりたい!と願っていたけど、結局怖くて何もやらなかった事。これが確実に言える失敗というパターン

 

逆に、怖いけど行動をしてみて頑張ってみた結果としてうまく行かなかったとしても、それは失敗じゃない。

なぜなら、その行動から得るものがあるから。その行動で得たものの先に手に入れることができるかもしれない。

その行動で手に入れたいものの可能性は広がり、必ず結果に近づいていくものです。

スポンサーリンク

まずはスタートラインに立つ

確実に言える失敗というのは、何もせずにスタートラインにも立たないこと。

その目的に対して動いたつもりになってはいても、結果何もせずに見送ってばかりいる状態。何も得ることのない状態を言います。

何もしてないから、何も失っていないと考えそうですが、それは間違いで

 

何かやろう!これを実現させよう!と考えていたのに、結果として何もやらなかった場合

「何もやらなかった」という経験によってセルフイメージは、「自分は願ってもそれを実現させることのできない人間」という無意識のイメージが作られてしまう

 

そこで染み付いたセルフイメージは確実に、目的への可能性を遠ざけていきます

 

こういう考え方は、失敗の定義の仕方、考え方で変わってくるかもしれないけど、何かを手に入れたいという目的を持っている人たちにとっては、

セルフイメージが傷つけられ、目的が遠ざかっていくという、実は一番怖い失敗と思ってます

 

ただ、この失敗は致命的だけど取り戻せない失敗じゃない。

一歩踏み出して行動したときに、その失敗はなくなって新たな可能性が生まれます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク