物事をネガティブに考えるなよ!ポジティブに考えようぜ!!

あなたはネガティブだからダメよ!!

ポジティブシンキングでいれば、全ては上手くいくんだよ!!

 

世の中にはこんな風な「ポジティブ教」の教えが広く普及・蔓延しているけど、

あまりに表面的なところだけをさらって理解している人が多くて、見ていて痛々しさを感じるほど。イタイ。

しかもポジティブに考えて状況が変わるかというと、、、変わってないから余計に痛い。

この間違ったポジティブ教の理解を少しでも補正して、成功につながる真のポジティブについて知ってもらいたいです。

エセポジティブとは

本来こんな言葉はないのだけど、なんとなくニュアンスは伝わってると思います。

本来のポジティブシンキングとは似て非なるもの「似非(エセ)」なポジティブシンキングのこと。

冒頭に書いたように、

ネガティブなことを押し殺し、無理矢理にでもポジティブに考えたり、ネガティブをひたすら全否定!!

ネガティブ撲滅!! ポジティブな俺サイコー!! ウェーイ!!!!

な感じを「エセポジティブ」と位置付けてます。

主体性を無視したポジティブシンキングに未来はない

主体性というのは、人生を成功に導くためのとても大事な”あり方”。

言葉にするならば、

 

自分の身に起きる出来事。事象に対して、他者などの外的要因に責任を押し付けず

全てを自分の責任として捉えて、その上で選択・行動をするというあり方。

 

起きたことも、これからやる未来のことも全部自分の責任!!

自分の責任だからこそ、自由に選択し行動できる。

どんな未来も作れるのが、主体性のある生き方。

 

エセポジティブってね。

一見、良いようなことを言っているんだけど、起きた出来事に対して、な~んの責任も負ってない。

何かを失敗しても、

 

それは運が悪かったんだよ!!

失敗のことばかり考えずに未来を見ようぜ!!!

スポンサーリンク

 

みたいな感じでなんとなく前向きなんだけど、中身がなく大事なものがスッポーッン!って抜けてる、

 

わかります?

失敗したという出来事をなかったものにして、未来を作ろうとしているような、責任放棄でいいとこ取りをする感じ。

 

ほんとね断言します。100%また失敗します。無理です。無理ゲーです。

荒地にただタネを蒔いたって芽が出てくるわけがない。

 

成長のための能力を使おう!!

僕らヒトにはたくさんの素晴らしい能力があって、

その中でも、成長を促す「反省」という素晴らしい能力を持っています。

 

この能力は、過去の失敗というネガティブなエネルギーを未来の成功のポジティンブなエネルギーに変換できる夢のような能力!!

 

失敗という結果は変えられない。

でも、「反省」という能力を使うことで、失敗という結果から未来の成功の可能性を高めることができる。

さらに反省というのは、過去の出来事を自分の責任として捉えるからこそ、反省できるものなので、成功に大切な主体性というあり方を育ててくれるものでもあります。

 

でもエセポジティブってのは、この反省という能力を一切無視し、都合のいい未来だけを見る最悪なあり方に他ならない。

だから激しく痛々しい。

 

失敗は成功の母という言葉をご存知かと思います。

でもこれは失敗がそのまま成功に直結するという意味ではなく、失敗と成功の間に「反省」という要素があってこそ、失敗は成功の母になり得るのです。

 

一見難しそうな未来でも反省という能力で成功のエネルギー(可能性)を高めていくからこそ、成功へのブレイクスルーは起きるもの。

 

エセポジティブではそのエネルギーは生まれない。

 

成功へとつながる真のポジティブシンキングとは、過去の失敗も自分の責任で受け止め反省すること。その上でポジティブに未来を構築していくことです。

編集後記

この記事を書いた後、自分自身の行動を顧みたとき・・・反省することが多いわ~ってなってます(笑)

ま、ひとつづつ行きましょう!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で