こんにちは。

先日、ふと居合のことを書いている時に

瞑想という言葉が頭をよぎりましたので、

今日はこのテーマにしてみました。

その前に居合について、

あまり馴染みのない方には
想像がつきにくいかと思いますので、

少しだけ説明します。

居合とは、抜刀術とも呼ばれます。

通常の剣術では、刀を抜いた状態で

チャンチャンバラバラとしますが、

居合は、刀が鞘に入った状態から始まり、

鞘から刀を抜き放つ動作から、

相手の攻撃を受け流したり、一撃で相手を攻撃する

そして納刀までの一連の流れの武術です。

わかりやすく言うと。。。

ルパン三世で五右衛門が斬鉄剣に手をかけて、

スパスパッー!と敵を倒して、

「またつまらぬものを斬ってしまった」と

つぶやきながら斬鉄剣を鞘に納める。

ここまでの流れです^o^

五右衛門は大げさですが・・・^^;

まあ、そういった武術です。

ただ武術と呼ぶには実践的でないと言われたり、

いや、出会い頭は実践的で恐ろしいものだとか議論があったり、

ただ理合(剣術の理屈)を学ぶために生まれたものだとか、

いろんなことが言われています。

まあ、楽しいのでなんでもいいか。

程度に僕は思ってます。

さて、練習するときには剣道のように相手がいる訳ではなく、

基本的に居合刀(刃引きした刀)での型稽古になります。

目の前に相手がいる訳ではないので、

斬りかかってくる相手をイメージして、

相手との間や理合
(こう切ってきたら、こう動くとか、こうすれば斬られても大丈夫な角度だとか)

を頭で考え、それこそ体幹から手足の指の隅々まで意識を巡らし、

黙々と稽古を重ねるのです。

相手の動きをイメージして、自分の体の隅々までを意識上に上げる。

これを繰り返していると、

変な話、自分の体を動かしているのは自分だけど、

それを見ているもう一人の自分がいる感覚に陥るときがあります。

(いや・・・ごめんなさい。滅多にはないですが・・)

瞑想というと、

眼を閉じて集中して、静かに呼吸する・・・

そしてなにかを感じて深くはいる。

というイメージですよね。

内観というと、

なにかを感じ、それをじっくりと

客観的に見つめる。

というものです。

さて、そうなると。

居合の最中も常に一種の内観の状況にあるのではないでしょうか。

前のブログで書いた「ちょっと趣味の話など」で、

心を整えることを書きましたが、

http://ameblo.jp/chiku-kun/entry-12058278501.html

やはりこういった感覚によって、

自分を客観的に見つめ直して、

外から(実際は内ですが)、正しく整えていく

こういう感覚を持って

心が整えられていくのだなと。

なんだか腑におちた気がします。

でも、内観も心を整えるのもいいですが、

それらはその後の行動につながる
準備体操みたいなものだと思っています。

行動に向けて、それらをどう利用するか。

それを今度考えてみようと思います。

最後に、全然関係ないですが、

年に一度、所属の会では神社で奉納演武をするのですが、

本殿での演武を写真にとると、変な玉が写っていることが多いのです。

これ、なんですか?

知っている人がいたら是非。

では、今回もお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で