お盆は皆様帰省されて、
ご家族とゆっくり過ごされているかと思います。

私はお盆の時期はいつも帰れず、
時期をずらして帰省しています。

なのでお盆は家でお線香をたき、
ご先祖様の供養と感謝をお伝えするようにしてます。

お墓参りは9月には帰省した時に。

本当はお盆が一番いいんですけどね。
来年は確実に時間をとって行きます。

帰省先が遠方の場合、

お盆の時期は、

混むし、高いから避ける! 

と考える人は多くいます。

まあ、ひとそれぞれ事情や都合もあるので、

それはそれで良いと思ってます。

自分もそうなので^^

ですが、そこから少し違う視点で考えてみると、
また違った考えも出てきました。

混むからイヤ、高いからイヤというのは

矢印を自分だけに向けて判断しており、

周りに対する影響(良い、悪い含め)は

ほとんど蚊帳の外にあるのではないかなと。

そう、夏だけに蚊帳の外! (ノ゚Д゚)ドヤッ!


逸れた・・・戻ります。

別に「周りがそうしているから、合わせた方がいい」
という理由だけではありません。

最近、エネルギーの循環という事を意識するようにしました。

このエネルギーというのは、
別に今の物理的なエネルギーではなく、

ひとの行動とか、それに対するレスポンスとか、
そういった、誰かが作り出している抽象的なものです。

周りの人たちが作っている大きな流れやエネルギーを
自分の都合だけで、変に奪ったり、阻害したりする

なんか、誰も得はしませんよね。

自分自身も気がつかないうちに、
せっかくのエネルギーを無駄にしている気がします。

例えば、若いころの自分の例です。

親「なんか連絡ねぇけど。ことしのお盆は帰ってこんのか?」

僕「帰らんよ。お盆は混むし高いやろ? よだきいけん。いいわ」

親「そうなん? 元気しちょん?」

僕「大丈夫大丈夫。なんもない。という事でお盆は帰らんな~」

※九州方言Ver.

ものの見事に親の愛情とかのエネルギーを奪って、
ポイ捨てしてますね・・・(ㆀ˘・з・˘)  

なんか文章にすると余計に・・・反省

だからといって、お盆は帰省しなければならない!

という訳ではなくて、

それを意識して判断、行動すれば、

帰れない事を一言二言を親や周りに伝えたり、

伝え方が違ってきますよね。

それだけで、良いエネルギーが循環するのだと思います。

これからは良いエネルギーを循環させる事を意識したいと

昔を思い出し、改めて思ったお盆でした。

お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で