最近、対面でいろんな方と話をしています。

以前、ブログにも「ネット上のひととなり」

という記事を書きましたが、

インターネット上でしっかりと
軸を持って発信されている方は

実際にお会いしても軸のある方ばかりです。

ネット上での人格は、
現実とは少し違うかもしれませんが、

やはり軸が同じなので、
ネット上で交流した時と印象が同じです。

最近はその人の投稿やコメントの内容で
何となく人柄が見えてくる気がしました。

逆を言うと、自分のコメントも
そういう風に見られているということですね

だからこそ、

コメントが相手にとって価値あるものか

というのを僕は大事にしています。

とくにFacebookでの誰かの記事というのは
その人の庭です。

とくに人の庭で遊ぶときには
その庭をどういう思いで作っているのか

それを理解するために、過去の投稿などもみて
それにふさわしい振る舞いをしています。

それさえもせず、人の家の庭に入って、
ただ面白そうだからと、家主の意思に関係なく
遊びまわるのは失礼と思ってます。

これは想像力の問題ですね。

想像力を働かせずに
何でも思ったままに行動するのは

あまりにも稚拙です。

もちろん、僕もたまに言葉遊びもしますが、
それはある程度の信頼の上で成り立っています。

その信頼は対面で会ったことのない場合、
コメントの内容やその人とのこれまでの
やりとりで築かれていくものです。

もしかしたら

ネット上でそんな面倒なことしたくなーい
という人もいるかもしれません。

そういう人はそれでも構いません。

ただそういう事が
許される場でやってもらえればと思います。

ネット上では年齢は関係ありませんが、

礼節を知って

無邪気に遊べるオトナでありたい。

そう強く思います。

では、お読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で