あなたの情熱(好き)をライフスタイルに〜Passionaire Life パッショネアライフ

情熱を実現させるパッショネアクリエイターによるパッションライフスタイル提案 好きを仕事にする方法

【海外起業】その社名はダメよ・・・えっ何で?

771 views
約 4 分
【海外起業】その社名はダメよ・・・えっ何で?

ちょっと昔を思い出しての記事になります。

日本じゃありえない事とか、意味がわからん事とか(ㆀ˘・з・˘)

思い出したら都度書いていきます。

さて今日の記事は、

どんな状況でも知恵を絞り出せばなんとかなる

という教訓です(だいぶ大袈裟に言ってます)

さて、日本でも海外でも会社を設立する時に絶対必要なもの。

はい「社名」です。

「社名」は会社への思いとか、会社のアイデンティティを込める大切なものです。

そんな思いを込めた社名が、、、

なんだか良く分からない理由で、
いとも簡単に却下されたらどんな気持ちになりますか?

(‘◉⌓◉’) とりあえずこんな顔になります。

さて、その顛末をお伝えします。

初めての海外での設立という事で、日本でも様々な準備をして、
現地の知り合いにコーディネートしてもらって設立を進めていました。

そこまで準備していても、、、
予想外な何かが起こる海外起業!!

この国で会社を登録するためには、
まず登記所に行き、社名の許可を得なければなりません。

ここで、社名がダブっていたり、
トンデモ社名を排除していきます。

その辺もリサーチ済みでしたので、
特に問題もなくさくっと終わらせるつもりでしたが、

窓口に書類を提出すると

「その社名はダメよ~」と一蹴

(ノ゚Д゚)えっ何で? と当然質問したところ

窓口のお姉さまがいうには、

ついこの間から、
 社名に業務が分かるような単語は入れちゃダメなの~」

(‘◉⌓◉’) ??はい?

「とにかくダメなの~」

「ダメなものはダメなの~」

実はこの時「○○ソリューション」みたいな

ITっぽい業務を示す社名を考えてたのですが、それはダメだと・・・

しかし、そこは既に2年以上もこの国に関わってましたので、

もしもの為にと!!

第2候補、第3候補まで用意していました。

しかし!!!

全て撃沈。

理由を聞いても、そういう決まりだから一辺倒

その時は温厚は僕もさすがに頭にきて

「もう、う○ち君株式会社でも良いんじゃない?」
とコーディネーターに愚痴るくらいにヤサグレかけましたが、

そこは自暴自棄にならず、必死にひねり出しました。
それこそ窓口の前でウンウン唸りながら

そうすると残っていた最後の一雫

これからの会社の挑戦や思いを表す会心の社名が出てきました。

これでダメだったら出直しだ!

その熱意が通じたのか、やっとお姉さま審査が通り、
社名を登録することができました。

その後に、コーディネーターに理由を聞いても
コーディネーターも理由が分からない。

とにかくそういうものなんだと、
納得するしかありませんでした。

日本の物差しだけを無理やり持ち込んで
それを理解してもらおうとしても、どうしようもありません。
柔軟に対応しながら、解決をしていくのです。

この国の人に対しても同じでした。

勝手な常識を押し付けるのではなく、
相手を尊重した上で、こちらのやり方が正しいと信じれば
その人との関係性上で新しい常識を作っていく。

時間はかかりますが、
そういう風にお互いの理解を深めていく事が大切でした。

この辺は違うテーマになるので、また別の機会にします。

さて後日談ですが、

その後のさらに大変な山場も潜り抜けた設立の数ヶ月後、

現地の知り合いが設立したIT会社の名前が「○△ソリューション」

再びの(‘◉⌓◉’) 

なにやら、「業務が分かるような社名はダメ」という条件は
いつの間にやら無くなったとの事。

何でその条件をつけたのかも、何で無くなったのか?
今でもわかりません。

ま、しかしそういうものです。

日本とは違います。

そんなことを気にしてたらエネルギーがいくらあっても足りません。

さら~り「へ~そうなんだ」で流せるくらいの余裕が必要です。

柔軟に考えるしかありません。柔軟に考えるからこそ、

どんな状況でも知恵を絞り出せばなんとかなる

のだと思います。

さて、海外での起業や日常ネタについては
思い出したらまた書いていきます。

お読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント