稼げないを稼げる!に変え、稼げるから貢献するにシフトチェンジ
by くどぴー

1年前の夏。私は悩んでいた。

どうしたら稼げるようになるのか?って。

 

今ならその答えがわかる。

 

稼げば幸せになれると思っていたからだ。

 

稼げなかったわたしがビジネス塾に飛び込んで

ビジネス塾に飛び込んで真っ先にやったのは

ビジネスのやり方を習うことではなく徹底した自分深掘り。

 

ビジネスのノウハウさえ身に付ければ稼げるようになるのかと思っていた。

 

そんな私には「なんで!?」っていう体験で

本当に苦しくって涙流しながらグループコンサルを受けた。

 

何度も何度も

それこそグループコンサルのたびに

泣いて泣いて。

 

 

ゲスな自分と向き合い続け

同時にビジネス手法も習って

 

月の売り上げがビジネス塾に入る前の10倍になった。

 

「稼ぎたい」でも「こわい」

稼げるようになって終わった1期目のグループコンサル。

2期目にも入ってここからはまた自分との対話になった。

 

講師の2人は100万くらい余裕で稼げるよ!と笑いながら言う。

 

「稼ぎたい」でも「こわい」

稼ぐための方法はたくさん習った。

 

それをやるほうが良いことはちゃんとわかっている。

 

でも動けない。

壁を破れない。

 

何故かって「稼ぐのが怖い」から。

 

それは

お金持ちはずるいとか

お金持ちは汚いとか

お金は稼いでも奪われるとか

 

お金を稼ぐ=悪いイメージが固定概念として自分の中にあるから。

 

でも表面的には

稼ぎたい!稼ぎたい!稼ぎたい!

 

このせめぎあいの中自分の臨界点に達する。

ジブンシゴトで稼ぐのはやめてみた

一度、本気でそう思って紹介された業務委託の仕事をはじめ

週に1回のポスティングを始めた。

 

稼ぐのは好きな事でなくてもいい!

 

そう振り切った瞬間。憑き物が落ちた。

稼ぐではなく目の前のお客様や読者さんを楽しませるものを作り上げよう、と。

 

どうやったら楽しんで貰えるだろう?

どうやったら少しでも役に立つだろう?

どうやったらワクワクしてもらえるだろう?

 

ジブンシゴトに対する意識が

 

「稼ぐ」から「(誰かの)役に立つ」に完全にシフトチェンジした。

 

稼ぐためにではなく、好きなことで貢献する

好きな人の為に好きな事で貢献する。

それが今やっている事務(だけじゃない事務)管理

 

わたし「だけ」が得すれば良いのではなくて

わたしとクライアントさんとその先にいるお客様が

みんな幸せになるために貢献できたらいいな~って思う。

 

そういう想いでやっているのが事務(だけじゃない事務)管理。

 

ビジネスの全否定から始まりました
by はとさん

自分の好きなこと、萌えを仕事にして

お金を稼げるようになりたかったんです。

 

しかし、初日のパッションテスト。

出てきたパッションは

「何もできなくても大事にされる」という

ビジネス全否定の一文。

 

そこから、自分と向き合い続け

自分が自分に嘘をついていないか

自分が本当に望んでいることは何か

問い続け、発信し続けて

そのことで信頼できる仲間を得て

仲間の協力でまた自分と向き合い続け

 

アドバイスされたらとにかくやってみて

変化することを怖がりながらも進み

 

今、私が出した答えは

萌えを生きるために、お金はできることで稼ぐ、です。

 

それは、他人から見れば成功とは言えず

何のために学んだのかと思われるかもしれません。

 

でも、この1年を経て

自分に嘘をつかなくなりました。

本音を言い合える仲間ができました。

仲間を思いっきり贔屓することに、罪悪感を持たなくなりました。

やってもいいしやらなくてもいい、と選択できるようになりました。

 

これが、1年継続した私の変化です。

 

ついでに(ついでって言うな)

ビジネスも学びましたからね。

これは今、「しまーず」で活かされています。

 

望みがいつの間にか叶う場所

昨年の今頃、私は、ビジネス塾に通っていた。

「萌えるビジネスコンサルティング塾」

略して「萌えコン塾」の0期。

 

講師は、

男性一人(ちくあんさん=ちくさん)、

女性一人(杉本真由美さん=まみさん)、のお二人。

 

自分の好き=萌えを仕事に、というコンセプト。

9月、東京青山での説明会に参加して、

「面白そうじゃん!」と、すぐに参加を決めました。

 

 

好きなことでお金?サイコーじゃん!とか言って、、、

 

10月から始まった塾では、ビジネステクニックよりも、

ビジネスの土台となる、「自分を整える」を徹底してやっていたっけ。

 

自分の本当の望みは何か?

(ゼニが欲しい、は案外ウソだったりする。)

それを叶えるのを邪魔しているのは何か?

(意外に自分だったり。笑)

そうやって自分を深掘りしていた。

 

しばらくやっていると、自分では何の特技とも思っていないことを、

「それ、やってみたら?」と、

講師のお二人や、仲間達が教えてくれたりする。

(私が今メイクを教えているのも、実はみんなに見つけてもらったものなのです。)

 

 

萌えコンビフォーアフター

 

そんな萌えコン塾に参加した私の、ビフォーアフターを、、、。

ビフォー:

  • 生きていても楽しくない。特に仕事。
  • だから、寝る前に長時間の気分転換を必要とする。
  • で、毎日寝不足、体調不良がデフォルト。
  • 寝不足で体調不良悪化、風邪等で寝込む、、、の繰り返し
  • 長年のストレスから、辛さを感じないように、感覚を麻痺させていた。
  • だから、体調が悪くてもわからない。
  • そのうち鼻血が止まらなくなったりして、やっと気づく(笑)
  • 体調が悪いから、いつもイライラ→さらに生きていても楽しくない→悪循環
  • 自分の本当の望みを口に出すのが怖かった。
  • 怖いから、自分の望みややりたいことに一切気づけなかった。
  • 幸せになってはいけないと思っていた。
  • 親や世間の期待に応える以外の生き方をしてはいけないと思っていた。
  • 自分で自分を否定して、怒りでいっぱいだった。
  • とにかく現実から逃げたくて、それをお金のせいにしていた。

 

アフター:

  • 曲がりなりにも、萌え仕事のきっかけをつかんだ。
  • メイクを教え始めた。
  • サロンの女主人になりたい、と言う望みがわかった。
  • 体調不良の改善方法がわかって、元気になれた。
  • 生きていてもいい、と思えるようになった。
  • 自分のやりたいようにやってもいいんだ、と思えるようになった。
  • 好きなことをして、楽しいと思っていいと許可が出せた。
  • 嫌なことはやらなくてもいい、と、自分に許可が出せた。
  • 楽しくない仕事の時間を、職場と交渉して、短縮した。
  • 頼ったり、相談していい仲間ができた。

ちょっとの進歩のようですが、私にしてはだいぶ頑張ったと思っています。

 

私の本当の望み

実は、サロンの女主人になりたいと思ってから、

家でメイクの個人レッスンをしたり、

プライベートお茶会をしたりしました。

 

が、それだけではなく、

東京に泊まりにくる友達に、「泊まっていかない?長期OK!」

と声をかけまくりました。

平日、私は留守がちなので、

長期泊まる人にはスペアキーを預けて、

「勝手に過ごしてね」と、放置(笑)。

 

でも、それを積み重ねるうちに、

「あら、その勉強会、うちでやったら?」と声をかける機会ができたり、

「みんなで集まらない?私が料理を担当するから」と、

泊まりにきている友達が人を集めてくれて、料理もしてくれて、

楽しく飲み会したり。

最近、サロンというか、女子寮っぽくなりつつあります。

 

そして、わかったことは、私の本当の望みは、

「信頼できる仲間に囲まれて、楽しく過ごすこと」。

 

お金じゃなかったんだ、、、、!

いや、お金がいらないんじゃないですよ。欲しいですよ!(笑)

でも、お金そのもの、というより、

好きなことを、ケチらないで心配や気兼ねなくするための手段として、

お金が欲しかった。

 

萌えコン塾に参加して、できることを少しずつやっていたら、

いつの間にか「仲間に囲まれる」

という望みはかなっていました。

萌コン塾に参加しなければ、

気づかずにお金だけを追いかけていたかもしれません。

セミナージプシーにならなくてよかった、、、!

 

起業したいなんて考えてないから関係ないと思ってた

<そもそも萌えコン塾とは?出会い>

じぶん仕事をするためのビジネス塾。

他のビジネス塾と違うところは「自分の萌え」

つまり自分の情熱を持っているものを自分仕事にしよう、という

内容でした。レイキカフェで知り合ったマミさんと

facebook友達になり、マミさんの告知をみてプレセミナーに参加。

 

<プレセミナーに行った感想>

ここ、ビジネス塾なの?別に起業したいわけではないから

ヲタクシ関係ないかな。

でも、セミナーで質問された時に、急に自分の中に変なものがいるのを発見

みんな悩みを打ち明けて解決しているのに、ヲタクシだけ保留。

中途半端な気持ちに。

 

<萌えコンに入る>

何で入ったんでしょう???

でも純粋にビジネスのことだけを教えてくれるんではなく

自分がやりたいことをする前に、自分の中の囚われなどを整えていく

スピ系のワークが入ったり、受講生もそういう能力を持った人が多く

凡人のヲタクシにはついていけないことも多々。

 

ただ、自分の仕事が将来失くなってしまい、50代で転職先を探すのは

とても不安に思っていたので、言われたことはやってみる。

しかし、マニュアル通りにやっていってもつまずく。

それは、自分の中に例えば自分を嫌っていたり、自己否定があったり

本当にやりたいこと、が嘘だったりするのですが

他の塾ではそれを知らずに、ただビジネスのマニュアルだけを教わり

出来ない自分がどうしてできないのかつまずいて挫折するのだと思う。

 

とにかくブログで自分を発信しろと言われる

実はヲタクシ、意見は言うけれど、あまり自分の気持ちは

人に言わない方でした。

だから、ブログで自分を発信って。。。。

とっても抵抗がありました。。。。。

 

萌えコン塾のことも、不思議なことがたくさん起こるので

Facebookでも初めの頃は触れていなかった。

変な人、変わった人、そう思われるのが嫌だったから。

 

<萌えコン塾で学んでいくうちにわかったこと>

↓これは今年の2月の記事

hasegoro.hatenablog.com

 

自分のことを発信しているうちに

意外と人は自分を出している人を攻撃しない

それどころか 共感してくれる

そんなことに気づきました。

 

病気のことも 辛かったブラック企業のことも

(最悪な時期の記事はなぜか消えてしまったけれど)

人に言うつもりはなかったのに。

 

自分の個性を隠して

自分の感情を隠して

うわべだけの付き合いをすることが

なくなってきました。

 

きっと本来のヲタクシは

感情全開のたましいだったのに

いつの間にか

誰にも攻撃されないように

何でもちゃんとやって

気配りもして

自分を自分で守って

頑張ってきたんだろうな

 

去年の今頃の自分を振り返って

そう思います。

 

みんなに管理栄養士さんだから

料理の記事を書いて!

ダイエットのことを教えて!

時短料理教えて!

 

いろんなことを言われて

ビジネス塾だから

それが一番ビジネスになるから

コンコンと言われても

真面目に取り組むけれど

やっぱり進まない

 

それもだんだん理由がわかってきた

 

 

ヲタクシ 自分の本当に好きなことしか

楽しいことしか

仕事にしたくないんだ

 

今の仕事が好きだから

なぜわざわざ起業してまで

気の進まないこと仕事にしないといけないんだ

それなら今の仕事でいいやん

そう思ってるんだろうね

 

 

多分決まった仕事はきっちりする

喜んでくれる人がいると

誰よりも頑張る

 

でも もっとやりたいのは

自分の解放。

好きなことを楽しくやっていたい

 

で、自分の好きなことをしていたら

または熱心に好きなことを伝えていたら

結構伝わりやすいのにも気づいた

 

人を巻き込むタイプらしい

そして人の集まるところ、楽しいところ

熱い人達のいるところに

いつの間にか自分も巻き込まれるらしい

 

1年前はごく親しい友人にも

「お茶しにいかない」とか

「一緒に楽器練習しない」

とか声をかけることをしなかった自分が

 

楽器練習したい人募集!

京都行くツアー組みます(自分の好きなこと中心)

神戸でお茶会します

 

そんなことを不特定多数の人に

SNSで募集できる人になっていた。

 

数人でしゃべるのは好きでも

人前でしゃべるのとか

人前に出るのが嫌いだったのに

 

でるのもOK

裏方もOK

よろこんでくれる人がいたら。

 

自分のままでも共感してくれる人はたくさんいる

むしろ自分を出さなかった時よりも

変な奴、と思われても平気

そばに来てくれる人は そんなヲタクシのことを

好きでいてくれる人、応援してくれる人

 

萌えコン塾のおかげで

SNSで知り合った人多数

リアルに会って信頼できて

ずっと繋がっていたい人多数

 

自分のままで今までより加速して

自分と周りの人のことが好きになり

一緒にもっと楽しく、もっと素敵な世界に行きたいな

 

<で、萌えコン塾終えて アフターの姿>

 

1年前の

将来仕事がなくなったら不安だから、で

萌えコン塾に恐る恐る入会した自分にはない感情。

 

4月から退職して本当に自分仕事を始めるけれど

萌えコン塾に入ったことで

お金ではない財産をたくさんいただきました。

 

過去の囚われや自分の中にいるいろんなものの浄化

ずっと付き合っていける、仲間。

自分や人を心から信頼できる安心感。

そしてこれからも苦難があっても

きっと楽しみながら乗り越えていける

そんな気がします。

来年は海外から発信する人になるし。

 

私のターニングポイント

今朝目覚めたら、
「この情報を必要としている人が居る」
「私が発信するからこそ届く人が居る」
というメッセージが降りてきた。
約1年半前に出逢った
杉本 真由美 まみさん

今思うと必然だった彼女との出逢い。

私の魂が足を向かわせた場所は、
“萌えコンゴリヤクセミナー”

大きなくくりで言えば
ビジネスコンサル塾

私も含めた仲間みんなに
本当に人生が想定外に変わっていくということが起きている。

仲間の口からよく出るフレーズ
“ここってビジネス塾ですよね(笑)?”

講師の竹菴 顕 ちくさん、まみさんは勿論のこと、
受講メンバーの総力戦が日常。

これで変化しないわけがない。

私ゆきのはどう変わったのか?

1)一番大切にするものがブレなくなった。娘、家族。

2)大きなチャンスに飛び込めるようになった。

3)叶うとは思えなかったことが氣づいたら叶っている。

4)魂の望むこと以外出来なくなった。
(自分を騙し騙し宥めながら行動することが不可能に)

5)ずっと見ないフリをしていた事に向き合うようになった。

6)ご縁が広がるスピードの速さと範囲が凄い…

7)憧れていた人や目指していた人に師事するのではなく、仲間になれる。

8)成長過程も含めて自分を愛せるようになった。

9)人に頼れるようになってきた。

10)口を開けて笑えるようになった。
(周りから笑ってばかりの人と思われている…)

いっぱいありすぎて書ききれません。

「またの機会に」
とチャンスが目の前に来ても
逃し続けていませんか?

以前の私はそうでした。
仕事があるから
家の事があるから
先約があるから
遠いから

いろいろと行かない理由は”作れる”のです。

今の私は、コレだ!と感じたものには
1)まず行くと決める
2)行くために問題となっているものをどうするか全力で考える
3)その上で行く

それを繰り返して行く事で、
好循環が生まれていきます。

今は自動運転で行きたいところへ連れて行ってもらえる乗り物に乗った感覚です。

 

自由に生きるジブンへと還る場所

萌えコンに入る前を改めて思い出してみる

 

一年前の秋

 

母親の介護をもう一度

ひとりで背負うかどうか・・・?

 

 

その選択の岐路に立たされていた

 

 

グループコンサル初日

パッションテストの直後

 

 

母の入院先から

入所受け入れの特養がみつかった

との連絡が入る

 

 

じぶんを生きる道へと向かった瞬間だった

 

 

そこから、じぶん自身と向かい続ける日々

 

 

萌えコン塾は

 

講師のちくさんも言っているように

 

【お金を稼ぐ】から始まるひと

 

そして・・・

 

【人生の選択肢】がやってくるひと

 

がいる

 

 

じぶんは後者

 

 

「じぶんしごと」

 

考えられる状態になんていなかった

 

そもそも、やる気すらなく入ったわたし

 

 

それでも、講師ふたりは見守ってくれていた

 

じぶんの力で立ち上がるのを

 

 

じぶんと向き合うことも苦しく

 

ぼろぼろなわたしを

 

「うん、大丈夫」

 

振り返れば

そうやって、見守ってくれていた

 

 

そしていま

 

「聴き屋」として

 

じぶんしごとへの道を

歩みはじめたわたしがいる

 

 

きっと、これからも

 

なにか困ったことがあれば

このふたりに

 

そして、なかまに

 

うわーーーん(T▽︎T)

と、泣きつくはず

 

 

そんなときは・・・

 

 

ヨシヨシなどではなく

愛のケツバットを期待w

 

f:id:javucoff:20170123124201j:plain

(by萌えメン同期・ぐっちゃん画伯

 

 

萌えをじぶんしごとに・・・

 

 

それは、じぶんしごと「だけ」ではなく

 

 

どんな場所でも

じぶんの自由を選び

 

じぶんしごとへと循環させていく

 

 

自由に生きるじぶんへと還る場所

 

 

萌えコン塾とは

そんな場所かもしれないと

 

 

萌えコン塾でねこむすめに

還ったわたしは思うのです


半年後、私の世界が変わった 

2017年4月萌えコン塾(萌えるビジネスコンサル塾)に入った。

 

自分のパッション(情熱・萌え)を徹底的に洗い出し具体的なビジネスにしていく、というビジネス構築術

ビジネスをする気がなかったけど「人生を変える」ために飛び込んだ

 

 

↓その時書いたブログ

【 萌えコン塾 】 新潟ゴリヤクセミナー、グッときて帰ってきた – 自由に心地よく 「私が宇宙を創ってゆく」実況中継

 

 

・・・あれから半年、自分でも全く予想しない世界にいる

 

 

半年前の私は劣等感がすごく強くてADHD注意欠陥多動性障害)のせいでうまくできないことが多く、毎日自分を責めて暮らしていた

「本当に好きなこと」が分からなくて「息してるだけ」の毎日

世界も自分自身も、何もかも怖かった

 

「学校と家しか居場所がなかった10代、12年いじめられてて、世界は怖いところだと思い込んでしまった」
アラフォーになった今でも、頭の中は「その頃の世界のイメージ」そのままだった

 

 

 

・・・でも、ホントの世界は違った

世界は思ったより優しいし
私は思ったより「できない人」じゃないし
「私にしかできないこと」があった

 

そのことに、萌えコン塾は気づかせてくれた

 

萌えコン塾がビジネス塾だけど人生が変わるのは、心のそこにある「本当にしたいこと、眠っていた感情」を表面にすくい出して、それを叶えるようサポートするからだと思う

 

 

 

やりたかったけどできなかった事
「こんなこと思っちゃいけない」と封印した想い
生きていくために、見て見ぬふりした夢
・・・ホントはいっぱいあった(+_+)

この半年でいっぱい見つけたしいっぱい叶えてきた

 

f:id:lanlanlando:20171218103951j:plain

(萌えコン塾はじまった頃のノートの落書き

下手な字だけど、本当に、認めて、強くなったよ)

 

 

 

まずパッションテストでパッション(情熱・萌え)を見つけて
杉本真由美さん(まみさん)が「ふりこよみ」で深堀りして
竹庵顕さん(ちくさん)が、それを叶える具体的なビジネス法を教える

月1回のグループコンサル
ZOOMでの個人コンサル
個別メッセンジャーでの24時間サポート
同期の仲間とのメッセンジャーグループ(無期限)

多彩な仲間との出会いも、萌えコン塾の魅力

しっかりしたサポート体制
仲間との協力
これがあったから「本当にやりたかった事」に向かうことができた

 

 

 

・・・半年前と変わったのは

 

「ごめんなさい」が言えるようになった
自分を責めなくなった
「できることを、一つずつ」するようになった
休みたいときに休むよう「自分に許可」を出せる
落ち込むけども、すぐ回復できるようになった
世界は優しいことがわかった

 

 

前は、自分が悪いなと思っても素直に謝れないし、そんな自分を自分責めして悩んで無限ループ、そして「時間薬(ときぐすり)」で忘れるまで悩みづづけるが定番だった

萌えコン塾で過ごして半年、今は素直に「すみません」って言えるようになった。

だからすぐ気持ちがスッキリできる

謝れば許してくれるし「え?気にしてなかったよ」なんて言われて拍子抜けしたり^^;

だから「世界って、人って思ってたより優しいんだな」ってわかった

 

実際に半年で、私の世界が変わった

 

 

今では、主人は一番の応援団になって私をサポートしれくれるし
素晴らしい仲間に囲まれてるし
自分をケアする方法を知って、休みたいとき休めてるし
やりたいこと、思いっきりできてる

「今の自分が、自分史上最高の自分!!」って胸を張って言える

 

サラリーマンを続けていたら出会うことのなかった仲間

12月3日の日曜日、

半年間、お世話になっていた「萌えコン塾」のグループコンサルの最終日でした。
この日は、この先6ヶ月位の流れを作っていくためのコンサル。
ところが、ここ1ヶ月ばかり、
すっかりヤル気が起きず、
ただ、毎日が淡々と流れていく。
ブログ更新も滞りがち。
そんなわけで、
萌えコンの最終日というのに、
起床してから会場へ向かうまでのあいだ、
萌えていない自分がいました。
萌えコンなのに、シャレになりません。えーん
グループコンサルが始まり、一人ずつ、今の進み具合や展望を話ながら、
講師のちくさんとまみさんのナビゲーションの元でアドバイスを貰うのですが、
うまくかんがえがまとまらない時は、出席している他の塾生のヘルプもOKという事で、
自分の番になったとき、
みっちゃまのカウンセリングのヘルプを受けました。
いまは適当に穏やかな毎日で、
でも、ぬるま湯に浸かっている気がする、
でも、このままぬるま湯に浸かりながら、
何も変わらないのは嫌なんだ、
と、気持ちを話しました。
このままぬるま湯に浸かっていたい?
このまま浸かっていたら、どうなるかな?
まみさんの質問に
「ぬるま湯は心地よいけど、このままずっと居ようとは思わない」
「浸かり続けたら、身体が溶けてなくなってしまうから嫌だ」
と答えると、
つかさず、みっちゃまから
外には暖かいヒーターが置いてあるよ😉
それでも、ぬるま湯から出たくない?
と。
ここで、ハッと気づいたんですね。びっくり
ぬるま湯から出てヒーターへたどり着くまでの僅かな距離の寒さや歩く足の冷たさが怖かったことに。
そして、なかなかビジョンが出てこずに、
塾生の、吉野さん(通称 よしのっしー)に音叉を鳴らしてもらいながら、
心を深掘りしていくあいだに、
自分の奥さんに対して、まだ構えているところがある、
そんなことがわかりました。
ええっ??
まだ甘えきっていないんだそうです(笑)
いえね、自分としては
それなりに年月を重ねて夫婦間系が良好になってきて、
お互いにこれからますますいい感じで歳を重ねていける予感がしていたので、
これは意外!と言うか、
まだ知らない自分の本心、
もう一人の自分を発見できました。
奥さんにもっと思い切り甘えて、任せてしまえば、どんどんインスピレーションが湧き、
エネルギーがスムーズに流れていき
人生が好転していくのだそうです。
自分の場合は、
どうも、奥さんにさえ甘えきれずにいるようで、
そのことが、
エネルギーを滞らせ、
何かやろうとしても今一つ乗り切れない原因になっているようです。
うーむ。
萌えコンのグループコンサル最終日に、
そんなことが判明するとは。。。
恐るべし萌えコン😅
しかし、よく
そんな本心が隠れていたものだな。
ビジネス塾だけど、
ビジネス塾にとどまらない。
ほかのビジネス塾へ通ったことがないから、
テキトーなことは言えませんが、
単にビジネスのテクニックを教えるだけの塾だったら、
きっと、こんな気づきはなかったでしょう。
自分には好きなことが何にも無い、
何もできない、
このまま淡々と毎日を、サラリーマンを続けながら、ただ歳老いていくのか、
それは嫌だな、と、
モヤモヤを何年も続けてきた自分が、
萌えコン入ったことで、
心が軽やかになり、
それと平行して、出会う人や出来事が、
どんどん心地よく豊かな状態へ変化しています。(現在進行形)
入るときは、それなりに費用もかかるので、
考えましたよ。ぼけー
でも、変わりたい!このままで終わりたくない気持ちが、
お金を払う恐れを上回ったんですね。
入る前に、
無料相談をガッツリやってくれるのが、有難かったです。(^^)v
そしてなんと言っても、
この塾で、
ただサラリーマンを続けていたら出会うことのなかった、様々なバックボーンを持つ仲間に会えたことが大きかった。😊
その仲間たちと交流していく中で、
ちいさく固まっていた自分の世界観が、
少しずつ、柔らかく軽やかに広くなっていく、
そんな感覚を覚えました。
(これも現在進行形)
だから、この萌えコンの素晴らしさを、
沢山の人に知ってもらいたい。
特に、淡々とサラリーマン生活を続けながら、
それでも、このままじゃ嫌たけど、他になす術を知らない、
サラリーマン以外に生きて食べていくなんて無理なんだ、
と考えているような人にはオススメしたいです。
どこが虚しく過ぎていく毎日に、
曇り空のような毎日に、
暖かいお日様の光が差し込んでくる。晴れ

 

想定外のジブンを生きている

「半年後、今の地点では想像すらできないかもしれない・想定外の理想の自分を生きられるようになるとしたら、興味ありますか?」

 

じっさいに、5カ月で全く別の人生を選びとりはじめたみなさんの

ナマの声、おとどけします。

もしかしたら、共鳴共感する方、いらっしゃるかな?

 

5か月前(ビフォー)

全て障害のせいにしてイジけてた性格ダークサイド

 

借金返済で ひーひー言ってた上に

自己否定丸出しで、
すべては 自分が招いた結果だと自分を責めてばかりいた

 

自信無い。
お客様の声が信じられない。
感謝されても受け取れない。
本当のジブンシゴトを隠してた。
集客に抵抗があった。

 

ボロボロ。疲労が限界に、
自分しごとしたいけど、どうやったら出来るかわかんない。
色んな意味で諦めて生きるか、新しく生まれ変わるかのタイミング。
でも、生きる希望が持ちたい

自分軸も定まる事なくスペシャルストロー持参で、
困ったちゃん劇場の主演を演じていた。

現実逃避だった。
そこから抜け出す方法を探していた。
めちゃくちゃ怖かった。

 

◎とにかく人のせい。
◎無駄に悩む
◎隣の芝生が青すぎる
◎自分を信じられない
◎未来が闇しかない

 

自分仕事をしたいが、やりたい事が分からない。
人間不信。だから自分も不信。
自分と向き合う事をとことん避けてきた。
境遇を人のせいにしていた。
評価も愛も受け取れない。
お金を稼げる未来があるのを知っていながら否定し続けていた。

本当の自分の一部を無いものとして扱っていた
いろんなものと闘っていた

自分の作品に対する信頼がなかった
(お客様の声を頂いても信頼に直結していなかった)
作品を必要な人に届けたいと思っていなかった
自分しごとでお金を受け取る事に対する抵抗感があった

 

・自己肯定感が低すぎて、身体はあるのに抜け殻だった。
・完全に自分を見失っていた。
・そのくせ家の中では何をするのもわたしが決めていかなきゃ、何もはじまらない。
・いつも誰かが優先で、時間もお金も自分の為に使うことができなかった。
・喜びや幸せを感じようとすると、

喜びや幸せを感じようとしている事への罪悪感に

押しつぶされて申し訳ない氣持ちでいっぱいになってしまっていた。
喜び・幸せ→罪悪感への変換が得意だった。

 

・じぶん全否定
・じぶんを生きることをあきらめかけてた
・じぶんしごとやる気なし、それでもなにかを変えたかった
・じぶんの能力全拒否

 

だったひとたちが

 

今(アフター)

障害すら個性にかえて人生楽しむマシュマロボディ

 

自己否定が全くなくなって、内面の嵐が穏やかになったと同時に、
実生活でも平和な世界で暮らしてます
借金返済への不安がなくなり、移住先で毎日幸せ

本当のジブンシゴトが始められた。

 

お金を、ちゃんと受け取れる様になりました。
やり方はまだまだ未熟ですが、集客に対する抵抗が無くなり、できる様になりました。

 

やっぱり、とりあえず動こうで、余力を整えつつ、振り絞って目の前のことを行動。
いい意味で思いもよらないこと続きで、アゼルにもいけて、次のステップ踏めた。

 

まだまだ 怖くって不安ですが、自分にyesが言えるようになった。
ここが肝かな。

お陰さまで
セミナージプシーにならずにすんだ。

 

◎幸せに気づく
◎自分を随分、好きになる
◎ちくまみさんに言われていた事が最近やっとじわじわとハラに落ちてくる
◎未来に光がさしてきた。
◎かけがえの無い人達に会えた。
◎歩き続ける決心がついた

 

矢印が他人から自分に向いたのが大きいです↓

自分の萌えが分かってきた。
自分を信じるようになった。
自分と向き合う気になった。
ポンコツな自分を認められるようになり、べき子とさよならした。

そしたらなんだかパワハラ夫と仲良くなった(笑)
ブログだけは何とかしないと…(^◇^;)

 

無いものとしていた自分を認められるようになった
自分で作り出していたフェイクに氣がついた
お互いに必要とする人に出逢えるようになった
すでにある明るい未来に向かっている
自分しごとでお金を受け取れるようになった
かけがえのない仲間がいる
10数年かかえてきたものを手放しつつある
思いもしなかったチャンスに恵まれる
生きるのが楽しい

 

・自分の為に時間やお金が罪悪感なく使えるようになった。
・行動範囲がとてつもなく広がった
・純粋に喜びや幸せを感じていいんだと思え、

純粋に喜んだり幸せを感じれるようになった。
・自分の好きが分かるようになり、それを選べれるようになった
・そして、それで収入を得れるようになった。

 

これまでのわたしなら、
変わりたい!変わりたい!と思いながら、
その反面、いっそのこと人生終わらせて欲しい。
という極端な思いの狭間で、
苦しくてしんどくて逃げ出していたと思います。

 

でも、ちくさん、まみさん、ここのみんなに出会って、
何度も何度も泣きながら、
その度にここのみんなに助けられて、
初めて逃げずにここまでこれました。

 

萌えコン塾で、本当に人生変わりました!

 

本当に本当にありがとうございます!!

 

 

・じぶん全出ししたら、なかまと出会えた
・じぶんを生きることを選んで、その道を歩きはじめた
・じぶんの能力を受け入れたら、じぶんしごとはじめちゃった
・たのしく萌え活に没頭できるようになった
・じぶんのポンコツなところがわかって、それがおもしろいと思えるようになった

 

 

ここまで変わってしまう場があります。

 

このゴリヤクをリアル体験できる場をご用意しました。

 

人生を変えるのは、小さい選択と、そして行動。