この世の中には奇跡もミラクルもあります。そして奇跡は起こすことができます。

その奇跡を起こす方法の例を少しお話してみます。

理想が実現へと進み始めた

今回、僕が情報発信を伝えたクライアントさんでもある書道家の女性に、通常だとありえない話が舞い込んできました。

 

その女性は『自分の作品を世界に広げて行く』という理想を持っていたものの、普通だと、世界に対してどう広げて行くのかはわからず、理想はただの理想で終わることがほとんどです。

でもその書道家は、直接の方法は分からないけど、

その理想を実現させる為に少しでも関わりありそうな人や、直接書道を世界に出すという関わりはないけれど、

直感的にピンときた人と積極的に会い、関わりをコツコツと続けてきました。

 

そういった日々の積み重ねを継続した結果、

 

今回、中国の書道が盛んな地域でもある臨沂市で、現地の有名書道家の目にとまり、是非会いたいとの向こうからオファーを受けて、書道作品のコラボまでが実現しました。

そして話はそれだけでは終わりません。

臨沂から北京、そして中国全土でも著名な書道家にも繋げる話が後に出てきています。このまま進み、中国・日本でのコラボでの展示会へと発展するでしょう。

さらに言えば、この方の作品はこんどアゼルバイジャンやドバイ、NYにも持って行く話があるので、今回の出来事が強力な後押しになることに疑いはありません。

 

世界に出るという理想がまさに実現に進んだ瞬間です。

 

これって、どんどん理想が実現していくという奇跡は起きた!!という最初の瞬間なんです。

奇跡を起こす方法

実はこの話は、「世界に広めたい」という理想(情熱)を聞いていた僕が、あるビジネスで臨沂に行った時に、なんとなく持って行った書道作品が奇跡のキッカケ。

本人もまさかこんな話になるとは夢にも思わなかったことです。

 

それがほんの数週間で奇跡の現実がはじまっています。

 

なんでこんな奇跡が起きたのかの理由は明白です。

 

理想(情熱)を実現すると決めて、

理想に対して日々積み重ね、

理想を人に語っていたから

 

それだけです。シンプルだけどこれが奇跡を起こす方法です。

奇跡を起こす方法というと、それこそ運頼みのように思えますが、

 

違います。

スポンサーリンク

奇跡とは起こすものであり、その奇跡を起こす方法は、

”決める、続ける、広く伝える”という本当に日々の積み重ねなんです。

奇跡を起こす方法はあなたの日々の在り方にあるんです!!

運命は意思によって生まれる

今回の話は、1年半前に情熱を語った相手である僕を通じて、話が呼び込まれたという、なんとも運命的な理想実現の話です。

ただし、運命と言ってもこの運命は勝手に生じたものではなく、

 

情熱と行動という意志によって生まれて来たものです。

 

この様に運命は産み育てるもの。これからどういう風に育っていくのか、僕は理想実現の立会人として見届けます。

理想実現の立会人

僕はこれから多くの人の、パッションからうまれる”理想実現”を手助けし、”理想実現”を立会人として、人に関わっていきます。

ついでにいうと僕自身にも数々の理想実現が現れています。というか運がいい。

それが共鳴して、周りの人にも同じような事が起きるという事が起きているんでしょうね。

さらに、その良い影響を僕も受けて、どんどん運が良くなる、引き寄せがおきる

という好循環のスパイラルが起きてます。

だから今の時点で僕に関わっている人直近で関わる人は

同じような事が起きる可能性は大です。

なので、周りにいる人、これから関わる人は、お互いに何が起きるか楽しみにしましょうね(笑)

 

こんな事が起きる秘密を知りたい方は、僕のメルマガからどうぞヒントを得てくださいね。

理想を実現させるメルマガ、「Passionaire Club」登録はこちら

 

あとついでに期間限定の告知ですが、

自らの運命を拓いた二人と僕を合わせた3人で進めるALiVeプロジェクト

このセミナーを7月17日@山梨と7月29日@大阪で行います。(東京は既に終了)

山梨は遠いイメージありますが、今回の富士吉田は東京からバスで1時間半くらいなので、めっちゃ近い。

しかも富士山の麓のエネルギーをガンガンに浴びます。

なおかつ、この富士吉田でしか行わない特別プログラムを入れたので、

少しでも興味をもって頂いたのであれば、”来なきゃ損”と言っていいくらいです。

どういう運命を生み出し、育てていくのかのその岐路はこういう一歩一歩の選択と行動の積み重ねによるんですよね。

なので興味が出てきているなら是非

◎詳細はこちらから

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で