○○ちゃんのママと呼ばれたくない

〜型にはめられ自分らしさを失わない為に〜

○○ちゃん(くん)のママ(パパ)
と呼ばれることは普通だと思いますか?あたりまえだと思いますか?

または○◯会社の〇〇さん
と呼ばれることを普通だと思いますか?あたりまえだと思いますか?

 

もしそれに対して何も疑問を持っていないのであれば

あなたは気づかない内に『自分らしさ』を放棄しているかもしれません。

気づかない内に型にハメられている社会

これに対しては結構多くの人が何の疑問もなく受け入れてしまっていると思います。

でも、ちょっと考えて欲しいのですが、

 

「こどもの母とはこうあるべきもの」

 

「会社員とはこうあるべきもの」

 

と言われると、漠然とではあるだろうけど「◯◯はこうだ!」みたいな特定のイメージって浮かんできませんか?

 

この特定のイメージこそが、世間一般が押し付ける”型”であり、極端にいうと自分らしさを奪う檻そのものということに気づいてくださいね。

そうすると「〇〇ちゃんのママ」とか「会社の〇〇」という言葉そのものが、気づかない内にあなたを型(檻)にはめてしまうものだということが分かってくるのではないでしょうか。

ラベルに沿って生きたい?自分らしく生きたい?

これは一個の人格に対して『こうあるべき』というラベルを貼って、そのラベルに沿った生き方を強要しているに等しいものと僕は思っています。

そしてラベルに外れた生き方をすれば、

”◯◯のクセに!!!”   ”◯◯なんだから、しっかりしろよ”

みたいな攻撃をされてしまうこともあります。

 

いや〜、想像するだけでも辛い!! とてもじゃないけど”自分らしく”生きるなんて遠い世界ですよね。

そのまま生きた先の未来なんて、とてもじゃないけど”自分らしく人生を楽しむ未来”のカケラさえも見えてきません。

 

あなたがもし”自分らしく生きる”ということに少しでも憧れるならば、このラベルを剥がすところから始めませんか?

ラベルを剥がして自分らしく生きる

ラベルを剥がすと前項で伝えたように攻撃される!!なんて考えてしまって、ラベルを剥がせずに仕方なく従っている人は多くいるでしょうが、

 

攻撃されるのは、ラベルを貼った人たちといつも一緒にいる環境だから!!!

 

中途半端にラベルを剥がそうとするから攻撃をされるんです。貼っていることを正としている人たちから見れば、剥がそうとしているあなたが目障りでしょうがない。

スポンサーリンク

 

だからラベルを完全に剥がして自分らしく生きたいのであれば、

 

ラベルを貼っている連中と一緒にいる時間を極力へらし、ラベルを貼っていない自分らしく生きている人たちと一緒の時間を増やすことが大切なんです。

自分らしさの解放

先日とある特別動画への感想を女性から頂いたのですが、

その女性は、これまで「○◯ちゃんのママ」と呼ばれることを普通と思っていたけど

 

本当に自分らしく生きている人たちと関わる環境にいることを選んだ今

「◯◯の奥さん」「◯◯ちゃんのママ」と呼ばれることに

 

『それは私じゃない!!』と感じたそうです。

 

この女性は”自分らしく生きる人たち”と積極的に関わることで、その影響を強く受けて自身もいつのまにか「自分らしさ」を解放して、そこに生きることを選んでたんですよね。

 

だからラベルを貼られることに強い違和感を感じて、そんなの私じゃない!!と感じたんでしょうね。

 

ちなみにこの女性ですが、いま現実に自分の夢に向かって生きていて、その夢を語ってる時は超楽しそう^^

いくつになってもこんな生き方ができるのって最高じゃないですか?

 

自分らしく生きるというのは、こんな風に本気で人生を楽しむってことだと思います。

いますぐ卒業してください

自分らしく生きる。自分を解放して人生を楽しむならば

 

今すぐに◯○のママ、奥さんから卒業してください。

今すぐに〇〇会社の〇〇から卒業してください。

 

世間一般が押し付けたラベルに沿って生きることに疑問を持ってください。

 

そして、出来るだけ自分らしく生きる人たちと一緒の環境に身をおいてください。それが自分らしく生きる為の一番の近道です。

 

記事にも書いた”とある特別動画”ですが、こちらの『プロの遊び人プロジェクト』で無料配信している動画です。

プロの遊び人とは、自分らしく生きて人生を楽しむ人たちのこと。この記事のもっと深い内容を動画で伝えているので是非配信を受け取ってみてくださいね。

自分らしく生きるための情報満載のトークライブの情報も配信しているので、そちらに興味ある人も是非!!

「プロの遊び人プロジェクト」特別無料動画の登録はこちらから20秒でできます!!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で