あなたは心がジリジリする程の自己投資をした事がありますか?

自己投資とはいっても、何かの株に手を出すとかそういうものではなく、自分の学びのための自己投資です。

この自己投資をする際の心の動きや行動。そこからあなたの潜在意識の声が聞こえてきます。あなたのいまの本当の心が見えてきます。

自己投資の行動から見えるもの

あなたは自己投資をする。という場面に直面したことがありますか?

それも数千円や数万ではなく、数十万円という自己投資。

 

もしその場面がなければ想像してみてください。あなたがどうしても受けたいと思う高額なセミナーやスクール、コンサル、コーチングを想像してみてください。

 

あなたが行きたい! と思うスクール。

あなたが受けたい! と思うコンサル。

これを受ければ人生が変わる。経済的な自由を得ることができる!!

 

でも、その学びを得るには高額な費用が必要。その時あなたの心はどう動きますか?

どうしても受けたい!!!

これを受ければ人生が変わる!

望む未来へと進む事ができる!

 

でも払うには高額な金額に心がジリジリして、なかなか最後の一歩が踏み出せない・・・

 

そんな時、あなたはどうしますか?

 

受けるのをやめますか? それとも、思い切って受けますか?

行動から見える潜在意識の声

この行動のどちらが正解でどちらかが間違いという事ではありません。

 

その行動の裏にあるあなたの本当の声、潜在意識の声に気づく事が重要なんです。

 

その自己投資をやめたのならば、どういう理由でやめたのでしょうか。

 

時期じゃないから?  もっと稼いでから? 条件が整ってから?

 

いろんな理由はあるでしょう。でもこれは実は全部まやかし、顕在意識の言い訳なんです。

 

”時期じゃないから”と思うのならば、実は”時期が来てほしくない”という潜在意識の声

”稼いでから”と思うのならば、実は”稼ぎたくない”という潜在意識の声

 

行動することが怖いから行動しないという潜在意識の声に他ならないのです。

 

いや、そんな事はない!という反論もよくききます。でもそういう人に限って、口に出している言葉と行動があらゆる事で一致していないんです。

 

口ではいくらでも変わりたい、人生を変えたいと口にするのに!!

そのための行動を何もしていないんです!!

心のブレーキを外して潜在意識を書き換える

行動に出ていないのは、環境が整ってないからでしょうか?お金がないからでしょうか?

 

違いますよね。

 

本当のあなたが、潜在意識がそれを望んでいるからです。

 

人の行動は顕在意識ではなく、潜在意識に支配されています。

だから

心がジリジリするときの最後の判断で、本当の望みが出てきます。

 

ここで大抵の人は、心のブレーキがかかり歩みを止めてしまいます。

 

でもこの時に、躊躇しながらも進む事ができる、心のブレーキを思い切って外すことが大切なんです!!

その心のブレーキを無理矢理にでも外す行動こそが、

潜在意識を書き換えることができ、望む未来に向かって進んでいけるんです。人生を変える事ができるんです!!

 

だから、あなたも心がジリジリする方向を感じたら、心のブレーキを外し、そちらに進んでみてくださいね(´ω`)

自己投資で人生を変えてきた

僕自身も自己投資で人生を変えてきました。つい最近も僕自身、結構大きな額で自己投資しました。自己投資はトータルでは、数百万をしていますが、一括の金額としては最大です。心がジリジリしました。

 

でも、そこに飛び込んで経験する事、その価値はそのまま自分の価値を作り自分の価値として、クライアントさんにより良いものを提供できる。

 

価値の循環を意識した時に、自然と行動を起こしてました。

 

最初から行動はする事はほぼ決まっていて、最終的に何を意図して行動するかを考えてたのだと思います。それが今回は、価値の循環という意図がはっきりした時、この自己投資が必要なものだとはっきり認識し、そこに進むことができました。

 

僕はそうやって、自分にほんとうに必要なものに対して、不安を感じながらも進み、そして人生を変えてきました。

 

だれでも人生は変えられます。そのためには行動を続けること。これだけです。

 

行動する自分になるために

最後に行動できる自分になるために必要なことをミニ講座としてまとめてみました。無理ではありますが、有料にも等しい内容を込めています。是非こちらを読んでみてください。

 

無料で今すぐ手に入れるにはこちらをクリックしてください!!!

 

では、お読みいただきありがとうございました!!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で